|Material statistics| 資料統計

国交省/2022年9月建築着工統計調査を公表

9月の新設住宅着工は、持家は減少したが、貸家及び分譲住宅が増加したため、全体で前年同月比1.0%の増加となった。また、季節調整済年率換算値では前月比5.1%の減少となった。

  1. 総戸数
    ○新設住宅着工戸数は73,920戸。
    ・前年同月比1.0%増、2か月連続の増加。
    ○新設住宅着工床面積は5,844千㎡。
    ・前年同月比2.8%減、先月の増加から再びの減少。
    ○季節調整済年率換算値では857千戸。
    ・前月比5.1%減、先月の増加から再びの減少。
  2. 利用関係別戸数
    ①持家
    ○持家は22,248戸(前年同月比13.3%減、10か月連続の減少)
    ・民間資金による持家は20,150戸(同13.5%減、9か月連続の減少)
    ・公的資金による持家は2,098戸(同11.7%減、11か月連続の減少)
    民間資金による持家が減少し、公的資金による持家も減少したため、持家全体で減少となった。
    ②貸家
    ○貸家は30,555戸(前年同月比8.1%増、19か月連続の増加)
    ・民間資金による貸家は28,837戸(同10.0%増、3か月連続の増加)
    ・公的資金による貸家は1,718戸(同15.4%減、4か月ぶりの減少)
    公的資金による貸家は減少したが、民間資金による貸家が増加したため、貸家全体で増加となった。
    ③分譲住宅
    ○分譲住宅は20,766戸(前年同月比10.1%増、2か月連続の増加)
    ・マンションは8,386戸(同15.7%増、2か月連続の増加)
    ・一戸建住宅は12,290戸(同6.8%増、17か月連続の増加)
    マンションが増加し、一戸建て住宅も増加したため、分譲住宅全体で増加となった。
  3. 地域別戸数
    ○首都圏総戸数(前年同月比12.9%増)
    持家(同9.6%減)、貸家(同17.1%増)、分譲住宅(同24.1%増)
    うちマンション(同41.7%増)、うち一戸建住宅(同13.7%増)
    ○中部圏総戸数(前年同月比3.9%減)
    持家(同9.7%減)、貸家(同10.5%増)、分譲住宅(同10.0%減)
    うちマンション(同25.7%減)、うち一戸建住宅(同2.4%減)
    ○近畿圏総戸数(前年同月比2.8%減)
    持家(同16.3%減)、貸家(同6.8%増)、分譲住宅(同2.7%減)
    うちマンション(同1.1%減)、うち一戸建住宅(同4.1%減)
    ○その他地域総戸数(前年同月比5.3%減)
    持家(同15.0%減)、貸家(同0.3%減)、分譲住宅(同8.7%増)
    うちマンション(同11.7%増)、うち一戸建住宅(同7.4%増)
  4. その他
    ○建築工法別
    ・プレハブは、9,183戸(前年同月比9.3%減、4か月連続の減少)
    ・ツーバイフォーは、8,383戸(前年同月比9.1%減、6か月連続の減少)
新設住宅数(前年同月比)